ママライフ

高学歴夫婦と低学歴夫婦の差〜子供に与える影響は?〜

こんにちはー!

偏差値39の女子高卒のさよてぃーぬ(@sayomamas)です♪それに比べ、実兄は国立大の院卒です。

結婚後、私と夫(以下、私達夫婦)は低学歴夫婦兄と兄嫁(以下、兄夫婦)は高学歴夫婦となり、その差について観察した結果、子供に与える影響はあるのか?

元低学歴コンプレックスだった私が過去の自分に向けてぼやいてみます♪

私が感じた決定的な差

兄夫婦が帰省した際に、兄、兄嫁、子と一緒に散歩へ行き、思ったこと。

  1. 子供の系統が違う
  2. 会話の質が違う
  3. 家族団欒の雰囲気が凄い

子供の系統が違う

兄の子供も我が子も女の子なのですが、兄の子供は「上品」我が子は「野生」

育った環境が、都会と田舎というのもあるかもしれませんが、裸足やパンツ丸出しで周りを気にせず走り回る我が子に対し、兄夫婦の子供(以下姪っ子)は、靴を脱がない、親の手を握って「ママ?これは何?」と言ったよう聞き、いかにも劣等生と優等生のような図でした。(念の為に言いますが、兄夫婦に対して劣等感は抱いていないです。)

会話の質が違う

兄は生物研究室にいたこともあり、生物に関してとても専門的です。自然溢れる公園に一緒に散歩に行った時

兄
あ!これは蛇の抜け殻だ!これはな、○○という蛇で、××に生息していてな?(以下省略)

と専門的な話を始めたのです。これを聞いた私は、夫が兄みたいな人じゃなくてよかった…と心底思いました。

知らない・興味のない事を、自分の知識を知ってくれ!と言わんばかりに、つらつらと話されてもウザいだけですもん。

ところがどっこい!!兄の奥さんの反応は、

兄妻
兄妻
うん♡うん♡へぇー!そうなんだ♪面白いね♪それで?うん♡うん♡

と聞いているではありませんか!

会話の質が違う。本当に聞き上手!

兄の奥さんはこうして、兄の事を持ち上げて、気持ち良く話させてあげているんだろうな。高学歴の人は、人の話をよく聞けるから勉強も出来るのかな?と思った瞬間でした。

この話を高学歴の友人に、「自分の知らない(興味ない)話を専門的に永遠に話されたらウザくない?」と聞いてみたんですね。そしたら、

高学歴の友人
高学歴の友人
え?好きな人が私の知らない事を話してくれるのって嬉しいし、蛇に興味あるんだったら、野生の蛇探しに行く?って提案するし、ついて行くよー♪

と言っていて、こりゃまたびっくりしました(笑)

私なら『友達と行ってきてよ…』と思ってしまいそう…。いやもしかしたら、これは高学歴、低学歴関係ない次元の話なのかもしれない。

けれどわたしは、高学歴=聞き上手、会話の内容が専門的。だと察しました。

家族団欒の雰囲気が凄い

高学歴夫婦は育休制度があるような会社員で、休日は家族で過ごす事が当たり前に定着し、家族団欒で過ごしているイメージです(兄夫婦も同じ)。

低学歴の夫は、友達も同じように中卒で働き、育休どころかボーナスもない会社で働き、若くして遊びを覚えているからか家庭を持っても遊びを優先し、いつまでも自分優先で離婚経験者も多いです。なので若くして低学歴の人と結婚した妻は苦労しています。(夫の周りだけかもしれませんが)

30代になったら変わる!?

中卒の夫は自分優先でしたが、35歳頃から、家庭を優先してくれるようになりました。周りも結婚(再婚)し、自分も年齢を重ね、いつまでも自分中心の生活ではダメだと気付いたのか、仕事も落ち着き、やっと家庭に落ち着いたというような感じです。周りの友達も落ち着きましたね。

一方兄は、高学歴というのもあるのか?出世するためにも接待は必須のようでした。高学歴の会社員は年齢とともに出世していくので接待が増え、家族の時間が減っていく場合もあるようですね。

家族の時間が減っても、根本的に家庭を大事にしている愛妻家が多いように感じます。兄は週末に料理を振る舞っているようですよ。

高学歴の時代は終わった!

この記事を見てくれている方の中には、学歴コンプレックスを抱えている人や、逆に、低学歴を見下している人がいるかもしれません。はっきり言いますが、

高学歴=高収入の時代は終わりました。

高学歴夫婦と低学歴夫婦の差とか書いておきながら、結局は差がないというか、差をつける必要がないという感じ。これについては最後にまたゆるっと書きますね。

勉強ができない=仕事ができないと思っている方が多いかもしれませんが、夫の友人に、低学歴なのにめちゃめちゃ稼いでいる人がいます。稼いでいる人の共通点は「借金を背負う覚悟のある人」「生きて行く力を身につけている人」つまり、親に頼らず自立している人ですね。(親から受け継いだ事業でお金持ちの人は玉の輿なので、玉の輿の人は除外します)

子供への影響は?

世間話ばかりの低学歴夫婦の我が子は、世間話が上手です。

娘
みーちゃんの妹、歩けるようになったんだってー♪

専門的な会話をする高学歴夫婦の姪っ子は、質問やひらめきが豊かです。

姪
なんでケチャップは赤いの?

興味を示す視点が違うから、親が与える環境や知識は子供にも影響すると思います。なので、親が持っている学歴、つまり「学力」は我が子にとって財産になることは間違いないです。勉強はできるに越した事はありません。

1番問題なのは、「低学歴」という事に劣等感を感じ、「高学歴」の人に嫉妬する。
または、「高学歴」の人が「低学歴」の人をバカにするといった事。

せっかくの学力が台無しです。これなら劣等感を感じない低学歴の人の方がいいですね。(低学歴の私が言うのもなんですが)

低学歴夫婦には低学歴夫婦のよさがあるので、劣等感を感じる必要はないです。

私が知り合う人は「高学歴」な人ばかりです。私が劣等感を感じていないからなのか?「カタカナの【を】ってどやって書くの?」や「【杭】って何て読むの?」と聞いても、丁寧に教えてくれたり、「いたせりつくせり」と間違っても、それは違うよ!と訂正し、教えてくれます。

劣等感を感じずに「低学歴やっほー!」はラクですね。逆に、「そんなことも知らないのか?バカか?」というような人とは距離を置けばいいだけの話で。

高学歴で豊かな人に、人をバカにするような人はいません。(たとえ一般常識を知らなくても)

色々な人と出会って思いましたが、子供にいい影響を与えるか、悪い影響を与えるか。それは、教養とか、学歴とか、そういうものよりも人を人として尊重すること。が1番大事なんじゃないのかな。と兄夫婦を含め高学歴夫婦の友人を見て思ったのでした。

 

コンプレックスの塊だった時に、心理学の先生に勧められた本を紹介しておきます。

コンプレックスや嫉妬の原因は、脳が子供のまま成長しないで大人になった状態なんだそうですよ。

1つ、質問させてください。

(目をつぶって想像します。)

自分の中に子供の自分が、50人居ることを想像してみてください。

次に、その50人に問いかけてみます。

『今から手伝って欲しい事があるから、手伝ってくれる人!』

さて、自分の中にいる小さい子供50人のうち、何人が言うことを聞いてくれましたか??

どうでしたか?わたしは15人くらいでした!笑

体操座りしていたり、自由に遊びまわっている自分がいました。

言うことを聞いてくれる人数が少ないと、まだまだ子供脳なんだそうです。そこで勧められたのが、この本だったのです。

『考え方』『間違った価値観』『勘違いして記憶されている価値観』など、細かく書かれている本なので、自分を変えたいな。コンプレックスをどうにかしたいな。

という方に特にオススメで、脳を成長させてくれるような、そんな本です。

 

 

\応援にポチっとお願いします!/

PVアクセスランキング にほんブログ村