ママライフ

子育てに自信がないママに伝えておきたい「子育て情報」

こんにちは!三姉妹子育て中のさよてぃーぬ(@sayomamas)です。

子育てに自信がないママに伝えておきたい「子育て情報」

についてお伝えする記事です。

私は、子育ての経験・知識不足で、子育てに自信が持てずに育児ノイローゼになってしまいました。>>>育児ノイローゼになった話

育児ノイローゼになってしまった私が、肩の力を抜いて子育てが出来るようになるまでの実経験を、盛り込んで記事にまとめてみました。

こんな人に読んでもらいたい

✅子育てに自信がない
✅すぐに検索してしまう
✅他人の意見が気になる
✅このやり方じゃだめかも?すぐ不安になる

情報社会の子育て情報

「子供のため」って何?

子育てをしていると、こんな疑問にぶつかります。

「子供のためになることをしてあげたい」そんな想いを抱えながら、育児書や子育て情報サイトを読み漁る日々。いろいろな情報を知れば知るほど、

何が正しくて何が子供にとって良いのか

わからなくなり、子育てへの不安が更に広がる。

この情報化社会、常に人と繋がっていられる便利な時代ではあるけれど、子育てに自信を持てないママたちにとっては逆に『不安』や『孤独感』を助長するような時代となっているのは間違いなさそう。

子育ての悩みがない人は居ない

私は、「悩みなんてなさそう」「子育て楽しそうだよね」とよく言われます。

実際は全く余裕のない日々を送っていますし、1人目の子育て期は育児ノイローゼになり、不調でした。

子育てに悩みがない人なんていないと思うんです。悩んで当たり前。心配して当たり前。

わたしも発狂しますし、歯をくい縛るほどキーーー!ってなる事もあります。人一人を育てるって大変です。

どのお母さんも初めての子育てに必死!

わたしは真面目な性格で「こどものために」子育て情報にアンテナを張り、全ての情報を鵜呑みにしていました。

すべての情報を鵜呑みにしてしまうというのは、どんな事か。以下、私の経験談です。

すべての情報を鵜呑みにしてしまうという事

「子供3人いたら大変だよね」

よく言われるし、よく聞く言葉。

子供の人数が多い=大変

という考え方に対して意見が2つに分かれました。

まず、一人目は3児のママさん。

3児のママさん
3児のママさん
子供1人なんて、いないようなものでしょう?

長女子育て中に、実際に言われた言葉です。

悪気はないのでしょうが、私は冗談として受け取れず、娘が存在していないように言われたみたいでとても不快でした。今でも忘れられない言葉です。

そこから私の負の思考は全開に。

1人の子育てなんて楽に決まってる。子育てが大変だなんて、私はダメな母親だ。

こうして被害妄想を膨らませてしまいました。1人目の子育ては、初めて経験することばかりなので、こういう言葉ひとつひとつを鵜呑みにしていました。

子育ての悩みに、大きい・小さいもない

悩みの内容は、人それぞれ。

“そんなことで”“たいしたことない”というのは、他人が決めることではない。たとえ、経験者であっても。

そんな私を救ってくれたのが、二人目のエリーちゃん。

エリーちゃん
エリーちゃん
自分が楽するために子供3人産んだよ♪一人っ子の方が子育て大変だと思うよ。

一人目の3児のママさんと言ってることが逆だ。

エリーちゃん
エリーちゃん
ある程度の年齢になったら、兄弟同士で遊ぶし、逆に1人っ子だと子供の相手をずっとしないといけないから大変だよ。

私はエリーちゃんの意見に激しく同意しました。

最初に出会った3児のママさんの発言から刷り込まれていた、

子供の人数が増える=大変

これが、子供の人数が増えると大変だけど、楽になる部分も多い。

と私の脳に、新しい情報が加わりました。

経験不足と自信のなさが不安の原因

子育てに自信がない、不安だと思う原因は、経験不足と自信のなさだと思うんです。

この自信のなさの経験から、私は悲しい現実に気づきました。

『子育てへの不安』を感じる原因の元が、母親・先生・先輩ママといった「経験者」からの言葉がほとんどだった。

子育ての不安から、「経験者」に相談してみるものの、スッキリするどころか、余計に不安になってしまったり、モヤモヤしたり。

経験者の意見は、どこかで絶対!と思っていたのですが、この考え方が自分で自分の首を絞める結果となっていたのです。

母親・先生・先輩ママといった「子育ての先輩・経験者」の人の意見が、必ずしも正しいとは限らない。

子育ての価値観を強く主張する人と一緒に居ると、とてもエネルギーを奪われた気分になりました。

私のように、人の意見を真に受けてしまうママは、付き合う人によって、よくも悪くもなります。いわゆる、流されやすい人間。

自分をしっかり持って、自分の子育てに自信を持つことが大事。

私が子育てに自信を持てるようになったことの1つが、

信じたいものだけ信じる!

文字にすれば、当たり前のことのように感じるかもしれませんが、わたしはここから抜け出すのに、ものすごく時間がかかりました。

ポジティブ思考で子育てをしているママさんとの出会いと言葉がけで、本当に救われました。

嫌な意見は無視して大丈夫!

子育ての信念

「この人の子育てが好きだ!」と尊敬できるママさんに出会えたら、そのママさんの言葉を信じたり、刺激をもらえるといいと思うんです。

子育てに正解はないのですから、専門家が「子供のためにすべき」と推奨しているものを、別の専門家は「子供に良くない」と言っていると、余計に混乱してしまいます。

授乳・睡眠・食育・教育・・・何においても、色々な意見や情報で、この世の中溢れています。『良い方法』なんて、自分なりに子供とちゃんと向き合えればそれで良いと思うんです。

私もまだまだ、情報に振り回されているので自分自身に、言い聞かせている言葉ですけどね。

優しい気持ちで子供と向き合える時間が、より多くなる情報を信じる

子育てをしていく上で、大切なのはママが少しでも余裕を持てる方法を選ぶこと

毎日毎日、家事や子育てに追われて、子供にイライラしてしまうことがたくさんあります。そんな中で、一人一人のママがほんの少しでも長く、子供に優しい気持ちで向き合えるような情報を選び、自分なりの愛情をもって育てていくことが、子供にとって一番良いと思います。

子育てに正解はない!

自分に合った方法で子育てをすること。

それぞれのママが、子供のためを想って信じた情報ならば、それはどれも『子供のためになる情報』になるのだと思います。

ABOUT ME
さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
俺様の旦那から自立したいママブログへようこそ。 元気すぎる3姉妹を子育て中。インスタグラムで『おうち破壊記録』を記録中。 カメラ・子育て・夫婦・ブログについて更新しています。

\応援にポチっとお願いします!/

にほんブログ村 子育てブログへ