トラブル

5歳・年長 ひらがなが書けない〜子供の読み書き教育方法

こんにちは。3姉妹子育て中のさよてぃーぬ(@sayomamas)です。

12月生まれの娘は『左利き』ということもあり、字を書けるようになるのが周りの子よりも遅めでした。

その為、少なからず親として焦りを感じていました。

本記事では、娘が字を書けるようになるまでに行ってきた、読み書きの教育方法ひらがな(読み)教育成功例について、わたしの経験談をお話しします。

ひらがなが書けない5歳児

読めるけど、書けない

絵本を読む事が好きな娘は、【読み】に関してはとてもスムーズでした。

その反面、【書き】に関しての興味は薄く、年長に進級しても、ほとんど字が書けませんでした。

年中になると、字を書けるようになる子が増え、クラスの子のほとんどが、ひらがなの読み書きをマスターしていました。

 

娘は、同じ習い事のお友達から、よく手紙を貰っていました。

お友達は2月生まれの早生まれの子で、月齢的には娘より遅いにも関わらず、難しい【あ】をしっかりと書いた手紙を書いてくれました。

お返事書こうよ!』と、娘をやる気にさせる反面、母としてどこか焦っていました。

みーちゃん
みーちゃん
ママが書いてよ!

自ら書くことや、学ぼうとする姿勢は、みられませんでした。

ワークを購入し一緒に練習もしましたが、やっつけ仕事のようにこなし、仕事と妹のお世話を言い訳に、ひらがなの練習の相手をしてあげる事が出来ませんでした。

「書く」ことの必要性を、本人が感じるまで書けない。

まさに、その通りでした。

娘は左利きで【書き】に関する教育がこんなにも難しいとは、思ってもみませんでした。

https://yurumamaclub.com/mama-column/left-handed-children

ひらがなを書くようになったキッカケ

保育園での手紙交換

保育園で、手紙交換をする時間ができました。

目の前で手紙を書いて交換をする

という環境に刺激を受け、書くことに対する興味がやっと芽生えたようです。

みーちゃん
みーちゃん
わたしもみんなと同じように手紙を書いてみたい!交換したい!
さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
保育園の環境に感謝です。

自分で書いたほうがいい!と理解する

児童館では、おもちゃの貸し借りをするときは、名前を書くことというルールがありました。

わたしが娘の名前を書いて借りていたのですが、妹のお世話もあり、おもちゃの名前を書くことに、時間がかかっていました。

みーちゃん
みーちゃん
わたしが自分で書いた方が早いじゃん!

娘はそう言い、自分で書き始めました。

 

  • 保育園の手紙交換
  • 児童館で名前をかくこと

この2つの環境のおかげで、短期間で文字を書くことが出来るようになりました

字が書けるようになるまでの期間

約1ヶ月です。

字を書くスイッチが入ってからは、本当に早かったです。

ほとんどひらがなを書くことが出来なかった5歳3ヶ月の娘は、5歳5ヶ月ほとんどの字を書くことが出来るようになりました。

自宅学習は、向き不向きとタイミング

以下、わたしの経験論として、聞いてください。

自宅学習は向き・不向き、好き・嫌いがあると思います。

娘は外遊びが好きで、はやく外にでて、自転車に乗りたがります。

ワークをしようとしても、ウズウズ、そわそわして、まったく落ち着きがありません。

反面、落ち着いて、楽しくワークができる子もいます。

この差は、自宅学習に対する向き・不向きだと思うんですね。

落ち着きのない娘に、無理やりワークをさせたところで、ただのやっつけ仕事で終わり、母子ともに消費するだけです。

ここで、ママが興味を惹けるように根気強く向き合うという方法もありますが、わたしは娘と根気強く向き合うことが出来ませんでした。

根気強く向き合うことが難しい場合は、本人がやる気になるまで待つこと。

見守り、タイミングを逃さないことです。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
娘のタイミングは、上記でお話しした通り、5歳5ヶ月でした。

書く教育にはワークがおすすめ

本人がやる気になっている時が絶好のチャンス!

5歳5ヶ月で、やっと自宅学習のスタート地点に立てた娘。

わたしが行った自宅学習についてご紹介します。

ワーク選びのポイント
実年齢を基準にするのではなく、子供のレベルに合わせたものを選ぶ

(低年齢で、易しいものから始めました)

通信教育の申し込み

まなびwith
Z会

通信教育のZ会は、無料体験ができます。

資料請求で、6種類もの教材が届き大満足の内容でした。

楽しめる工夫がされているので、淡々と書くだけではなく、シールなどがある教材は本当におすすめです。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
自動更新じゃないのも、ありがたい!

 

読む教育には絵本がおすすめ

https://yurumamaclub.com/kosodate/chiikuehon

こちらの記事でもご紹介させていただいているのですが、娘は絵本がだいすきなので、絵本から、ひらがなをマスターすることが出来ました。

ポイントは、色々な種類の絵本を読むのではなく、お気に入りの絵本を繰り返し読むことです。

繰り返し読むことで、絵本の内容を覚え、1人読みが出来るようになりました。

https://yurumamaclub.com/kosodate/ehon

こちらの記事で紹介している絵本を、よく1人読みしていました。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
文字の少ない繰り返し絵本や、興味を惹く【うんち】などの絵本を読み聞かせることで、文字も自然と覚えました。
とくにおすすめはコレ!
created by Rinker
¥972
(2019/06/17 22:19:07時点 Amazon調べ-詳細)

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
五味太郎さんの絵本は、子供にも大人にも人気なんですよ。

読みが早く出来たからと言って、書きも早く出来るわけではないことを経験しました。

読み書きに興味を持ってもらえるように、その都度向き合っていくことが大切なようですよ。

\応援にポチっとお願いします!/

PVアクセスランキング にほんブログ村

RELATED POST