トラブル

子供の心因性頻尿の原因はストレス?5歳児が2週間で治った対処法

子供の心因性頻尿

子供(5歳)のトイレが近いことから発覚した、ストレスや不安が原因の「心因性頻尿」

子供の心因性頻尿の原因について調べてみると、検索結果には「ストレス」という文字が並ぶ。

わたしの子育てが原因なの?

そう責められたような気持ちになり、血の気が引いたのを今でも覚えています。

子供の心因性頻尿は、放っておくと長引きます。でも、

子供の心因性頻尿は、親がきちんと対応すれば必ず落ち着きます。

5歳娘の心因性頻尿は、2ヶ月で症状が落ち着きました。

ここの記事では、2ヶ月で頻尿の症状が落ち着くまでに対応したことをまとめています。

    我が子の心因性頻尿に悩んでいる方は、早めに対処して頻尿の改善に努めましょう。

    子供が心因性頻尿になったら原因を考えて対処しよう!

    画像女の子 悩み

    子供が心因性頻尿になったら、なにが原因なのかを考える必要があります。

    5歳の娘が心因性頻尿になってしまった原因は、以下の通りでした。

    • 厳しいトイレトレーニング
    • お漏らしからのプレッシャー
    • 険悪な夫婦関係
    • 食生活の乱れ

    それでは、ひとつずつ振り返っていきます。

    子供の心因性頻尿の原因その1:トイレトレーニング

    2歳のお誕生日をきっかけに、トイレトレーニング(以下トイトレ)をはじめました。

    実際に行ったトイトレ方法は「いきなりパンツ」

    いきなりパンツとは?

    お漏らしをしたら「トイレでするんだよ」とトイレへ連れて行き、教える方法です。

    いきなりパンツはお漏らしをします。

    その度に私は「あーあ。もらしちゃったね。」と言い、ガッカリしていました。

    その威圧的な言葉が、娘にプレッシャーを与えていたのではないかと考えています。

    子供の心因性頻尿の原因その2:お漏らしからのプレッシャー

    「お漏らししないでね」
    「トイレに行っておいてね」
    「途中にトイレはないからね」

    このような言葉がけは「お漏らしをしてはいけない」というプレッシャーと不安を与えていることになります。

    娘のおむつが外れてから高速道路に乗るとき、寝る前などお漏らしをしてほしくない場面になるたびに、娘に言ってしまいました。

    「しばらくトイレに行けないから(お漏らししたらいけないから)トイレに行っておいてよ」

    親の都合だったなと反省しています。

    子供の心因性頻尿の原因その3:険悪な夫婦関係

    娘が頻尿になったのは、3人目が生後6ヶ月のときです。

    旦那は仕事が忙しく、協力が得られない環境でした。私の育児疲れと旦那の仕事疲れから、夫婦関係は険悪でした。

    余裕のなかった私は、3人の子供の寝かしつけがとてもストレスだったんです。

    親のストレス=子供のストレス

    子供のストレスが心因性頻尿として、子供の体に変化が現れていたのかもしれません。

    夫婦喧嘩は子供に悪影響
    夫婦喧嘩は子供に悪影響!ー私と子供の経験談「夫婦喧嘩をしない子育て」は、わたしの理想でした。 実際は、そうもいかない日がほとんど。 夫婦喧嘩は、子供にどのような影響を与えるの...

    子供の心因性頻尿の原因その4:食生活の乱れ

    お恥ずかしながら、我が家は外食がとても多いです。(土日含む週5回くらい)

    朝は、ほとんどパン食ですし、食育とは程遠い食生活です。

    乱れた食生活が子供に与える影響とは、一体どんなものがあるのでしょうか?

    • グズグズ
    • イライラ
    • どんよりとした気持ちになる
    • トラブルを寄せ付けやすい体

    原因を探れば探るほど、これかもしれない、あれかもしれないと、どんどん自分を責めました。

    原因を考えるだけでは、子供の頻尿の解決策にはなりません

    今後どのように向き合っていくのかを考えることが大事なのです。


    子供が心因性頻尿だとわかったら、すぐに小児科を受診しよう

    画像聴診器

    娘の頻尿が「心因性頻尿」だとわかったら、すぐに小児科を受診しました。

    先生からの診断は以下の通りでした。

    ストレスが原因でおこる頻尿です。

    心因性頻尿になってしまったことよりも、後のフォローが大事ですよ。

    私はてっきり「お母さんの責任です」と責められるかと思っていたので、安心して涙が出てしまいました。

    「大丈夫」の声かけだけでは治らない

    心因性頻尿は「大丈夫」の声かけだけでは治りません。

    ストレスの原因は、ママだけとも限らないんですよ。

    繊細な子がなりやすく、学校や保育園や幼稚園などの集団行動のストレスからくる子もいます。

    保育園や幼稚園などの先生にも伝えた方が良いですよ。

    小児科の先生によると、「大丈夫」の声かけだけでは心因性頻尿は治らないとのこと。

    ストレスの原因はママ以外にもあるということを教えてくださりました。

    習い事や学校の先生に事情を説明して「トイレに行っても大丈夫」な環境を与えてあげる事が重要だと教えてもらいました。

    子供が心因性頻尿になったら、親ができること6つ。

    1. 担任の先生に伝える(相談する)
    2. 「またトイレ?」と言わずに放っておく
    3. 「お漏らししても大丈夫」だと言う。(着替えはあるからねなどの声かけ)
    4. 頻繁にトイレに行くことに触れず、気にしていないフリをする
    5. 「偽薬」という手もある
    6. 3ヶ月~半年くらいかけて向き合う

    こんな子供は心因性頻尿になりやすい!

    小児科の先生によると、繊細な子供は環境の変化に敏感なので、年度変わりに頻尿を起こしやすいのだとか。

    娘は、褒められて伸びるタイプの子供です。

    見方を変えれば、親が喜ぶと頑張ってしまうタイプでもあります。

    私が喜ぶと、習い事・妹の面倒など、全てにおいて頑張ってくれるので、

    「さすがお姉ちゃん!頼りになるわ」

    私はこのような言葉をよく使っていました。

    一見ポジティブな言葉がけに聞こえますが、頑張ってしまうタイプの子供は、母親の期待に応えようと頑張ってしまう可能性があります。

    子供の心因性頻尿になりやすいタイミング

    子供がストレス性の頻尿になってしまったことで、自分を責めてしまうお母様も多いと思います。

    小児科の先生によると、親の責任ではなく環境や、その子本人の性格の要素が大きいという説明を受けました。

    では一体どのような環境やタイミングが、心因性頻尿になるきっかけになるのでしょうか?

    • 年度変わり(入園、入学)
    • 旅行や遠出をした後
    • 発表会など緊張するイベントの前

    進級・進学をする年度変わりは、ストレスを感じやすくなるため、心因性頻尿になりやすいと説明を受けました。

    繊細な子は、担任の先生やクラスのお友達が変わることで、特にストレスを感じてしまうそうです。

    病院に連れていく以外に親が子供にしてあげれること

    病院に連れて行く以外に、親が子供にしてあげられることはあります。

    1. 子供のストレスを感じ取ってあげること
    2. 出来る限りのケアをしてあげること
    3. 安心してトイレに行かせてあげること
    4. おねしょに付き合うこと

    親にとっては忍耐力がいるものばかりです。

    わたしは2ヶ月でこれらを乗り越えることができました。

      子供の心因性頻尿を完全克服するまでにかかる期間は、だいたい3〜6ヶ月ほどとかかるといわれています。

      娘は2ヶ月と比較的はやく心因性頻尿を克服することができたと思っています。

      では、具体的にどんなことをしたのか?ご紹介していきますね。

      子供の心因性頻尿を2ヶ月で克服するために行った3つのこと

      画像大自然でジャンプ

      子供の心因性頻尿を克服するために行ったことは3つ。

      1. お漏らしをしてもいい環境作り
      2. スキンシップをとる
      3. 食生活を整える

      この3つの対処法を同時進行で行いました。

      具体的に、ひとつずつ説明していきますね。

      子供の心因性頻尿の対策1:お漏らし・おねしょしてもいい環境作り

      私は覚悟を決めて、環境作りに努めました。

      おねしょシーツを買い、おねしょに付き合う!

      我が家はシングルの布団を2つ並べています。洗濯用と合わせておねしょシーツを合わせて4つ購入しました。

      寝る前に「おねしょをしても大丈夫だよ!」と娘に伝えることで、安心感を与えてあげます。

      赤ちゃんも一緒に添い寝していたので、赤ちゃん肌にも優しい素材のシーツを選びました。

      高速道路など、すぐにトイレに行けない状況になるときは

      「途中でトイレ休憩もするから大丈夫」と伝え、緊急時用にオムツも用意しておきました。

      子供の心因性頻尿の対策2:スキンシップ・甘えてもいい環境づくり

      • スキンシップをして甘えさせてあげること
      • 言葉がけを意識すること

      ゆったりとした気持ちで絵本の読み聞かせを行い、おはようのハグ、おやすみのハグを欠かさず行いました。

      お気に入りの本を繰り返し読むことは、娘にとってかなり満足度の高いものになったと感じています。

      子供の心因性頻尿の対策3:食生活を整える

      メンタルが大きく関わっている「ストレス性の頻尿」を改善するためには、子供の腸内環境を整えることがとても重要です。

      子供の腸内環境を整える=食生活を整える

      規則正しい生活をし、栄養のある食事をとらせてあげること。

      大事なことだとわかっているものの、私は朝起きることと料理が苦手です。

      他に対策はないのか?調べて見つけたのが、

      子供の敏感・デリケートな問題を、腸内環境で整えることができる子供用のサプリメントでした。



      子供の精神的な要素をサポートしてくれるサプリメントです。

      最初は子供にサプリメント?と不安でしたが、

      「偽薬」は心因性頻尿の改善に効果的ということも、小児科の先生から聞いていました。

      栄養満点の食事を作ることに自信がなかった私は「偽薬」感覚でサプリメントに頼ることにしました。

      味はおいしいのかな?という心配もありましたが、偏食気味の娘は問題なく食べてくれました。

      料理が苦手な私はとても助けられました。

      このサプリメントの効果もあったのか、本来6ヶ月ほどかかると言われている心因性頻尿を2ヶ月で改善することができました。

      私がこの商品を購入した決め手は、医療機関でも採用されている商品だったからです。

      「身体は食べたもので作られる。だからこそちゃんと選ぶことが大切」

      栄養はもちろんのこと、作り手の想いやそれを実際にお子さんに手渡すママの愛情までが詰め込まれる愛のあるサプリ。成分や品質は当然チェックした上で、同じ目線のママが作ったという信頼がおすすめできる一番大きな決め手です。

      公式サイトより

      もし私と同じように料理が苦手で、食生活改善が難しいという方は、サプリメントに頼ってみるのもひとつの手です。

      私が購入したサプリメントは、「mog(モグ)」というものです。

      子供の心因性頻尿を克服するためにしたことまとめ

      1. お漏らしをしてもいい環境作り
      2. スキンシップをとる
      3. 食生活を整える

      これらの3つのことを2ヶ月間、意識して行いました。

      同時進行で行ったことが、子供の頻尿の症状を早く改善することに繋がったのかなと考えています。

      子供が頻尿になると大変なのは、とくに外出先のトイレですよね。

      トイレの場所を探すこと、トイレに連れて行こと。これは、親の身としては、想像以上に大変です。

      少しでも早く我が子の頻尿が改善されるように「子供の心因性頻尿の対処法3つ」行ってみてくださいね。

      早期発見と対策は、より早く心因性頻尿の症状を抑える可能性が高まります。

      \応援にポチっとお願いします!/

      PVアクセスランキング にほんブログ村