ママライフ

児童虐待の疑いで通報されました|市役所職員がアポなし訪問|経験談

3姉妹の子育てをしている、さよてぃーぬ(@sayomamas)です。

わたしは、児童虐待の疑いで通報されたことがあります。市役所職員がアポなし訪問。その後のわたしと子供は?

通報までの経緯は、SNS(Twitter)でした。

ただSNSを楽しんでいただけなのに、ある動画が拡散されて、児童虐待の疑いで、アポなし訪問されてしまったのです。

TwitterやSNSに、子供の写真や動画を投稿されているかた、子育てについて発信されている方こそ、知っておいていただきたい私の経験談をお話しします。

この記事は、2016年に4歳と1歳の子育て中に起きた出来事を記録しています。

児童虐待の疑いで市役所職員が自宅にアポなし訪問

児童虐待の疑いとなる元となったのは、Twitterに投稿した1つの動画です。

問題の拡散された動画の内容は?

1歳半の娘を、ベッドの上で宙返りの補助」をしている動画でした。旦那が子供と遊んでいる姿を、私がスマホで撮影しました。

Twitterでは、『首の骨を折ったらどうする』『親のすることじゃない』『虐待行為』などといい、一瞬で拡散されてしまいました。

たった30分で30リツイート。引用RTも合わせると、もっとです。慌てた私は、すぐさま投稿を削除。ツイッターの拡散力に手が震えました。

児童虐待の疑いで約20分間の訪問

市役所職員
市役所職員
さよてぃーぬさん(本名)ですか?あなたがSNSに投稿した動画が、市役所に送られてきました。お子様に会わせてもらえますか?

50代くらいの男性と女性の職員さんが2人。動画拡散から数日後の19時頃に、自宅にアポなし訪問でした。

動画を見たこと、通報を受けたこと、通報を受けたからには確認しなければならないということを、まず説明されました。

市役所職員
市役所職員
ブログを拝見させてもらいました。娘さんに会わせてください。

拡散された動画に写っていた娘(当時1歳半)を会わせました。職員さんは驚きました。

市役所職員
市役所職員
しっかり、歩いていますね。もっと小さなお子さんかと思っていました。

話してみると生後10ヶ月くらいの、ハイハイをしている赤ちゃんだと思っていたそうです。

当時1歳半の娘は、薄毛でほとんど髪の毛がありませんでした。動画だと、とても幼く見えていたそうです。

娘の身体の発育は良く、1歳半で走り回る、トランポリンにも乗れることを伝えました。

市役所職員
市役所職員
そうでしたか。一昔前は当たり前だった事が、現代は過保護になり、少し激しい事をするだけで問題視されます。事情はわかりました。今後、もう電話や訪問もしませんので、安心してください。

20分程度で、あっけなく終わりました。それから2年経ちますが、一度も連絡はありません。



Twitterから個人特定までの経緯

動画がツイッターで拡散されたのは、たったの30分程度。すぐに削除したはずの動画が、保存され、転送されたのです。

住所や本名が特定されるような情報は書いていないのに、(さよは本名ですが)特定されてしまいました。

私ががTwitterに公開していた情報は3つ。

  • 母子ともに顔出し
  • 住んでいる市町村まで公開
  • 個人ブログのリンク掲載
さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
今となれば、個人情報の危機管理能力が低かったなと反省しております。

住んでいる市町村を公開していたので、通報者は送る市役所を簡単に特定。市役所員も、ブログ内容と子供の情報から、すぐに私を特定できたのでしょう。



児童虐待の疑いの元となった問題点3つ

児童虐待の疑いで、簡単に個人が特定されてしまったことをキッカケに、顔出しを辞めることにしました。市町村の公開もしていません。

一定期間、発信することが怖くなり過去のツイートも一括削除しました。

SNSという顔の見えない世界、私と同じように怖い思いをする人がいないように、私の問題点をまとめておきます。

動画は周りの環境がわかりにくい

  • ベッドの上で行なっているのか?
  • 安全確認がきちんと行われているのか?

この辺が分かりにくかったことも1つの原因だったと思います。

こちらとしては、夫婦で安全確保を行なった上で遊んでいます。当たり前です。でも、本人たちにしかからない事情です。

子供が楽しんでいる姿を動画に撮って、ただ記録したかっただけ。全体公開って怖いですね。SNSとの付き合い方は真剣に考えた方がいいですね。

『投稿する内容には責任を持つこと』について、改めて学びました。

見た目と年齢のギャップ

1歳半の娘が、10ヶ月くらいの赤ちゃんだと思われていたこと。市役所職員の方がそう感じ取っていたのならば、動画を見た人達も、幼い赤ちゃんだと思っていたのかもしれません。

住んでいる市町村で個人特定

発信は全て自己責任。子供や配偶者について発信する場合は、特に気をつけなければならない。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
とても勉強になる出来事だったので、SNSで我が子の発信をされる方は、くれぐれもご注意下さい。

\応援にポチっとお願いします!/

PVアクセスランキング にほんブログ村

よく読まれている記事