子育て

迷子になっても泣かない。いつまで続く?脱走する子供の経験談

こんにちは。三姉妹子育て中のアラサーママ、さよてぃーぬ(@sayomamas)です。

待てない・騒ぐ・迷子になる。

『子供ってそんなもん』そうは言っても毎日の事となると、心身ともにかなりのエネルギー消費ですよね。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
私は現在、1歳4ヶ月の娘が絶賛脱走期で、追いかけるのに必死です。

先日、娘と同じくらいの女の子を追いかけるお父さんの姿を見て、『ウチだけじゃないんだな』と安心させられました。

長女(現在6歳)は、迷子になっても泣かない。すぐに親の側を離れたがる。そんな子供でした。

子供の迷子に悩まされている方、検診等で注意を受けて気になっている方に、読んでもらいたい記事です。私も同じ経験をしたので、その経験談をお話しします。

脱走する子供は多い

小さい子供は、お母さんの側にペッタリくっついて離れない、そんなイメージがありました。お母さんと手を繋いでヨチヨチ歩く姿は、憧れでした。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
手を繋いで歩く?ムリムリ!手を繋ぐと振り払うし、抱っこすると反り返る。抱っこから下ろしたら、どこかへ走り去ってしまう。なんで?!

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
うちと同じような境遇のママさんは、他にもいた!みんな、頑張ってるんだね。
1歳児は特に大変!

脱走に悩むママさんは、1歳児ママさんが圧倒的多数!

子供本人も歩ける楽しさからか、いろいろな場所へ勝手に行ってしまう。歩き始めは特に危険がいっぱいで見守る親もヒヤヒヤです。

2歳〜2歳半頃になると『危険』について子供本人も察し、落ち着いてくる子が多いようです。

我が子(長女)の場合は、脱走がエスカレートし、脱走常習犯へと進化しました。以下、娘のお話です。

迷子になる子供の特徴

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
長女は、迷子常習犯。迷子常習犯は本当に大変で、精神的にも肉体的にも苦労をした育児期でした。長女の特徴は、以下の通りです。
  • 歩き始めるのが早かった
  • 好奇心旺盛
  • 人見知りをしない
  • かくれんぼが好き
  • 激しい遊びが好き
  • 楽しそうな場所へ行くとテンションが上がる
  • チャイルドシート嫌がる
  • ショッピングカートに乗らない
  • 手を繋いで歩かない
  • 完全燃焼
  • 夜泣きしない
さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
場所見知りや人見知りよりも、好奇心が勝ってしまうタイプ。
この裏には「親が近くにいるから大丈夫」という安心感もあるそうです。

迷子になってしまったら不安で泣いたり、緊張して硬直状態になってしまう子供が多いのですが、迷子常習犯は非常に厄介なのです。

迷子というものに慣れきっていて、親から離れた事や迷子になったことに対して、何の不安も罪の意識も感じない。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
長女は完全に、このタイプでした。迷子になったと思ったら、おもちゃコーナーで遊んでいたり、展示物を真剣に見ていたこともありました。

経験談その①

買い物へ行くと、お会計をしている間に近くの隠れられそうな場所に隠れ、私が振り返ると娘がいない!私は焦って娘の名前を呼び、娘を探します。

そのアタフタして娘を探す母の姿を近くで、隠れ見て楽しんでいる。

経験談その②

次女が生まれた時、次女をベビーカーに乗せてデパートへ行くと長女のテンションが上がり、急に走り出してどこかへ行ってしまう。(おもちゃコーナーやお菓子コーナーが多い)

ベビーカーを押しながらだと、娘のスピードについていけず見失ってしまい、迷子になってしまった。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
迷子になりやすい長女の大変だったところは、挙げきれないくらいたくさんあります。
特に、一人目だったこともあり、迷子になりやすいのは私がちゃんと見てあげていないせいと自分を責めてしまい、精神的にかなりしんどかったのを覚えています。

問題視される子供の脱走

1歳半検診、3歳児検診

私が1番悩まされたのはこの検診と言っても過言ではないです。

集団検診は、少なからず『待つ』ということをしなければならない。

待てない・脱走する我が子を見るのは本当に必死。いざ順番が来て保健師さんとお話をするのにも座っていられない。膝の上に座らせても反り返る。

1歳半検診では、指差しや積み木などもありますが、

一切出来ませんでした。

保健師さん
保健師さん
今日はご機嫌斜めかな〜?来月にまた検診があるので再度来ていただいても大丈夫ですか?

という訳で、再度1時間待ちの検診に翌月行く事になり、結果はほぼ同じ。

娘の発達を問題視するような事を言われた上に、その後毎月成長の様子を伺ってくる電話がかかってきました。これが余計にプレッシャーになっていましたね。

もしかすると、私はデリケートになっており、育児ノイローゼでもあったので、子供ではなく私の心配をされていたのかもしれません。

迷子になるのは親の責任

『迷子になるのは親の責任』そう言われることもあるかと思います。

でもそれは、経験していない人が言う言葉だと思っています。


そうそうこれ!これが現実なんだよね。

迷子になる子供は、親の隙を盗むプロ。

例えば、財布を鞄から取ろうとする時に一瞬目を離すことになりますよね?その後財布からお金を取り出して、お釣りをもらって。この動作の間に子供は脱走します。本当に脱走する子は親の目を盗むのが得意なのです。

そんな我が子を見て、思い詰めたり、自分を責めてしまったりするママもいると思います。(わたしもそうでした。)

そうなると、どこにも出かけれず、引きこもりになってしまいます。そうなると母子ともに、ますます辛い思いをします。結果、私は育児ノイローゼになってしまいました。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
なので、迷子になるのは親の責任と自分を責めることはせず、そういう時期だと割り切って上手く乗り切る方法を考えた方がいいです。

『迷子になる子』対処法3つ

伝え続ける

「好き勝手に行動しない」ということをしっかりと子供に教え込む。

娘は4歳のお誕生日を迎えた頃から、自然に迷子がなくなり、好き勝手行動することがなくなりました。

長女の脱走期間

靴を履いて、しっかり歩けるようになった1歳3ヶ月頃から3歳頃まで好き勝手する行動が目立ちました。

メリハリをつける

じっとしていられない子供は、『自宅で塗り絵や折り紙』よりも『外で体を動かす』事が好きなアクティブな子供が多いと思います。

走り回ってもいい場所、いけない場所を教える

メリハリをつけるのは大事!

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
私は週に3〜4回ほど温水プールへ行きストレス発散をしていました。

周りの人の協力を得ながら、体力を消費できるベビースイミング体操教室などスポーツの習い事をすることでストレス発散になり、子供の能力開花の可能性に密かに期待も込めてワクワク感でとても楽しめました。

みーちゃん
みーちゃん
お外で遊びたい!動きたくて仕方がない!自由に体を動かしたい!

そんな子供だったので、自由に体を動かせれる公園で発散させてあげることを意識してきました。根本的な解決になったかはわかりませんが、少しは落ち着いたように感じます。

映画

ある映画をキッカケに、あれだけ脱走・迷子になっても泣かない、不安にもならなかった娘が、迷子になる事に恐怖心を抱くようになりました。

その映画がコレ!
みーちゃん
みーちゃん
未来のミライ

迷子になって怖い思いをするシーンがあります。

映画を最後まで見れる、理解できる月齢(5歳)だったのもあり、この映画以降、好き勝手動くことがなくなりました。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
この映画は、親子で楽しめる映画です。特に第2子以降の産後のママ、上の子の赤ちゃん返りに奮闘中のママに強くオススメします。
迷子=怖いことと言う事を理解させる

これは本当に大事。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
あれだけ伝え続けてきたのに、
迷子が怖い事なんだと本人が理解していなかったんだなと実感です。

現在の我が子

我が子は4歳頃までは、根気強くダメと伝えても、何をしても脱走気味でした。

本当に大変だったのですが、4歳頃から本当に楽になりました。

月齢とともに落ち着く子供もいるので、見守るというのも大事な事だと思うんです。

迷子で悩まれているママさんがいらっしゃるのなら、4歳まで根気強く見守ってもらいたいです。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
本当にびっくりするくらい楽になります!!

4歳までが、長いんですけどねーーー。

迷子になる子供の長所

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
迷子になる、脱走する子にも長所はあります!!

良かった点

1日中走り回っているから、完全燃焼で寝かしつけに困らない。

親である私は、追いかけるのエネルギーを消費する為、いくら食べても太りませんでした(笑)

基本的に自分で歩いてくれるので、次女が生まれてからは特に、助かる場面も多かったです。(2人同時に抱っこを求められると大変ですが、この経験はあまりなかったです。)

6歳の現在

テーマパークなど遠出した時は、しっかり自分の足で歩き、全力で楽しんでくれます。

一方、脱走せずに大人しく手のかからなかった次女はディズニーランドへ行っても、USJへ行っても『早く帰りたい』と言います(⌒-⌒; )

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
全力で楽しんでくれるのは、親として嬉しいですね。

さいごに

長女の迷子に奮闘中は、

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
次に生まれてくる子は、ずっと抱っこしておけれるような、大人しい子がいいな。

と思っていたら、次女はその通りの子供に育ってくれました。

そしてもうすぐ4歳の今も、ずっと抱っこです(笑)超大変です(笑)

6歳の現在は、2人のお姉ちゃんであり、水泳は開花し現在25mクロール練習中です。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
長所を生かして今後も成長を見守って行きたいです。

 

脱走癖だけでなく、鼻にモノを入れる癖のあった長女。

『鼻にモノが入って出てこない!どうする?』
こちらのトラブル記事も合わせてご覧ください。

\応援にポチっとお願いします!/

PVアクセスランキング にほんブログ村