トラブル

5人の子供を抱えて離婚!シングルマザーのリアルの声を聞きました

こんにちは。3姉妹子育て中のアラサーママ、さよてぃーぬ(@sayomamas)です。

5人の子供(長女・次女・長男・次男・三男)を抱えて『シングルマザーとして生きる道』を選んだHさんの経験談をまとめています。

シングルマザーの現実、思春期・反抗期のお子さんとの向き合い方についてお話を伺いました。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
今後、私も通るであろう『反抗期との向き合い方』についての掲載許可も頂いたので、私が感じたことをまとめています。

シングルマザーの現実

5人の子供を抱えて離婚

1番上の子が17歳、1番下の子が5歳の時に離婚。

離婚のキッカケは旦那さんの浮気でした。そこから女手1つで子育てをしてきました。

ダブルワークで家計を支え、途中トリプルワークを行っている時もありました。

病気で入院・手術をした事で、長男は高校へは行かず、働いて家計を支えてくれました。

高校を卒業した娘は就職し、生活費を入れてくれて、下の子供たちの面倒も見てくれて、助私を助けてくれました。

思春期真っ只中に離婚

1番上のお子さんが、17歳の時に離婚をされたという事ですが、離婚をされた時、お子さん達のケアはどうされていましたか?
Hさん
Hさん
私も必死でしたし、上の子3人は手に負えませんでした。家出を繰り返していたので、見守る事しか出来なかったです。

自殺を考える

「一緒に死んで」

当時17歳の娘に、そう言いました。

そしたら娘はこう言いました。

17歳娘
17歳娘
お母さんは、恋愛して、結婚して、子供産んで、離婚もした。わたしはそういう経験を、これからしてみたいと思ってるよ。

だから死ぬなら、1人で死んで欲しい。

お母さんが死んでしまったら、私たち兄弟は、親のいない子供になるんだから、その辺をよく考えてから死んでね。

娘の言葉を聞き『死ねない・死んではいけない』と我に返りました。

金銭面

金銭的な余裕がなかったため、長男(3番目)は、高校へ行かずに働いて、家計を支えてくれました。1番目、2番目の娘も高校卒業後、働いたお金を家に入れてくれました。

まだ幼い4番目、5番目の弟が、2人きりにならないように上の子たちの誰かが、必ず家に居てくれたおかげで、私は夜も働きに出る事が出来ました。

Hさん
Hさん
本当に、兄弟仲良く育ってくれてよかったと思っています。

反抗期との向き合い方

今現在は、高校生の男の子2人(第4子・第5子)と3人暮らしのHさん。

お子さんは、女・女・男・男・男。
上の子3人の年が近く、年齢差があり、下の子2人。

現在、上の子3人は成人していますから、上の子供たちに相談することが出来るのでとても助かっているそうです。

何かあったら息子に聞く

現在同居中の下の子二人・・・なにげなく、話しかけただけなのに、

「鬱陶しい!」「めんどくさい」「重い」

というような返事しか返ってきません。

そこで、成人して既にパパになっている長男に相談します。

長男
長男
黙ってご飯作って、挨拶しておけばいい。

親が何でも手助けをするのではなく、子供に考える機会を与えることが大事。

とアドバイスをもらいました。本当にその通りだなと思いました。

子供達から学ぶことが多いので、
子供達と意見を擦り合わせて、今は家族皆で子育てをしています。

反抗期の我が子に母親が出来る事

【見守る事だけ】です。

母親が、仕事・家事・友人関係これらを差し置いて子供に目を向けると、子供の反抗は大炎上します。

【子供のために】これは、重いですね。

思春期の我が子から話を聞く時

思春期の子供に聞きたい事がある時は、聞きたい時こそ背を向けてさりげなく聞きます。
中途半端にしか聞いていない雰囲気を作る事で話しやすい空気を作ります。

そうすることで、聞きたい事が聞けたり、会話が出来たりするんですよ。

ルームシェアのような暮らし

自分の人生は、自分のものなので、自分の人生を楽しんでもらいたからこそ、お互いが自立できるように心がけています。

日常生活で意識している事は、

  • 自分のことは自分でする。
  • 出来ないことは、言葉で相手に伝える。
  • 喧嘩していても、挨拶は必ずする。

食事の時間は特に大事にしています。

1日のうち、家族の時間がとれるのは朝食の時だけなので、貴重な時間を大切にし、会話をしています。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
買ってきた惣菜等で済ますことはありますか?

晩御飯は子供達だけで食べてもらう事が多いので、手料理を心がけています。夜仕事帰りに買い物をして、朝1日分の食事を作ります。

息子と喧嘩した時は、ほか弁やカップ麺にしますよ(笑)

食事だけは必ず用意する

子育ての先輩が

先輩
先輩
ご飯を与えないのは、どんな事があっても絶対にダメ!食事で体が作られるから、食事は大事よ。

そうおっしゃられていたので、食事は必ず用意していましたね。

今日、メシいらない!どう対応する?

用意した食事を次の日も全く同じ状態で出しますよ(笑)

喧嘩した時も同様、カップ麺を用意して、自分で作れば?と言ったり、ほか弁を買ってきたりしますよ。

母として子供に出来ること

私が必ず行っていることは、誕生日の日に

Hさん
Hさん
生まれてきてくれて、ありがとう

と伝えることです。

シングルマザーになり、大変な子育て期間を過ごしてきました。

上の子3人が協力してくれたおかげで、まだ幼い下の子2人を家で留守番させる事なく働く事ができました。

金銭的余裕もなく、大変でしたが、
それぞれ育ってくれているので5人の子供たちがいてくれて本当によかったなぁ。って思います。

末っ子の息子が5歳の時に

三男
三男
ママ、お仕事頑張れ!偉いよ!

という手紙を書いてくれたんです。

中学生になった時も手紙をくれたのですが、

三男
三男
俺が大人になるまで頑張れよ

という内容だったんですよ(笑)

根本的なところが全く変わってなくて嬉しい気持ちになりましたよ。

息子さんが結婚した時の正直な気持ち

素直に、嬉しかったです。今では息子よりも、奥さんの方が大事です。

ですが、息子が父親になった時、嫁さんと子供の3人が写った写真を見て、とてつもない寂しさが込みあげてきました。

新しい家族が出来たんだ。巣立ったんだ。と。

喜び半分・寂しさ半分で、あの時の感情は今でも忘れられないくらい、覚えていますよ。

そして、息子が結婚してから、

Hさん
Hさん
今だから聞くけど、高校に行けなかった事に関して、どう思っているの?あの時本当はどう思っていたの?

と聞いてみたんですね。そうしたら、

長男
長男
本当は高校へ行きたかった。

と話してくれました。なので、長男は、次男、三男が高校へ行きたくない!辞めたい!と言った時に、阻止してくれています。

子育ては育自。(=自分を育てる)

と思っているので、頑張っているママを応援しています。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
Hさん、苦い思い出、良い思い出、包み隠さず話してくださり本当に、ありがとうございました。私もいずれは経験する反抗期育自。とても勉強になりました。

私自身の反抗期が酷かったので、覚悟しておかなければ。

シングルマザー、ワーキングマザー、反抗期の子供との関わり方に悩んでいるママさんに届きますように。