トラブル

3歳 子供の便秘の原因ー専門家医を受診後、完全克服

こんにちは。ママシンガーの、ゆかりーぬ( ri____nu)です。

インスタグラムにて、弾き語り動画を更新しています。

本記事では、3歳の娘の酷い便秘を完全克服した経験談を記録しています。

我が子が便秘になってしまった時、原因を考えては悩みの繰り返し。

『わたしの食生活の管理が、できてないから?』
『運動不足かな?』『それとも病気?』

我が子の便秘に悩むママに伝えたく、記録しています。

3歳の子供の便秘

欧米の食文化が流入され、食生活が乱れがちな現代、便秘に悩んでいる子供(とその母親)が増えているといいます。娘もその1人でした。

完全母乳で育ててきた為か、離乳食を開始した生後半年の頃から断乳した2歳半まで、おっぱいのみで育ったようなもので、本当に少食な子供でした。

断乳するまでは、特に便秘に悩むこともなく、ほぼ毎日ウンチが出ていたように記憶しています。

ですが、断乳してから半年ほど経った頃、急にウンチが出ない日々が始まりました。

3歳の子供の便秘:娘の症状

娘の場合、徐々に便通の感覚が空くようになりました。

ほぼ毎日出ていたのが、3日に1回・5日に1回となり、終いに週に1回しか出なくなりました。かなり酷い便秘です。

5日に1回しか出なくなった頃から、毎週小児科に通い浣腸をしてもらい強制的に出す状態でした。

浣腸後、スッキリした当日~3日程は、食べて飲んで元気いっぱい過ごせるものの、ウンチが溜まってくると動くのもしんどくなるのか、家の中でゴロゴロしている時間が増え、ご飯もほとんど食べない状態に。

3日目あたりからは『ウンチ出そう』と言って、何度もトイレに行きますが、上手く踏ん張ることができず、自力では出せない状態が続きました。

本当に、見ているこちらも可哀想で辛かったです。

小児科に浣腸をしてもらいに子供を連れて行くと、おそらく便秘であろう子供達が、娘以外にも数人、浣腸を嫌がって大泣きしていました。なかには便秘でお腹が気持ち悪く、水分すら取れないようで、吐いてしまっている子もいました。

子供の便秘に苦しむ子供とその親御さんは、世の中にたくさんいるのだと痛感しました。

子供の便秘の原因

子供の便秘:食生活との関係

当時は私も躍起になって、ネットで子供の便秘に関する情報を調べまくりました。
すると、やはり『食習慣を改善すること』という言葉がたくさん目につき、また自分を責めました…。

ですが、元々少食だった娘。食習慣を改善しようにも、食べてくれません・・・

せめて、何か便秘に効く食材を食べさせなきゃ!と思い、試した食品が、以下です。

<便秘に効くと言われている食材・飲み物>

  • オリゴ糖(粉末もシロップも)
  • ヤクルト
  • 青汁ヨーグルト
  • バナナ
  • 植物性乳酸飲料ラブレ

上記の食材や飲み物は、実際に便秘に効果があった!という体験談が数多く上がっていたのですが、残念ながら娘の便秘には効果がありませんでした。

ですが、試してみる価値はあると思います!(特に即効性があるのはヤクルトのようです)

子供の便秘:運動不足との関係

娘が便秘になったのは、ちょうど寒くなり始めてきた10月頃の事でした。

保育園でもお外で遊ぶ時間が減り、休日公園にも行かなくなってきた時期だったので、運動不足で腸の動きが悪くなったことも便秘の原因の一つだったように感じています。

スイミングやダンス等、身体を動かす習い事をすれば、季節問わず1年中運動できるので、便秘にも良いのではないかと感じています。

子供の便秘:オムツを外す時期が影響

娘の場合、お恥ずかしながら、トイレトレーニングを3歳までしていませんでした。

おそらく(これはあくまでも私の推測ですが)、トイレトレーニングが遅かったことも便秘を悪化させた原因だと思います。

娘が便秘になり始めたのが、3歳を過ぎた頃。周りのお友達は、ほぼオムツが外れていました。

そんな中で、オムツが外れていなかった娘・・・きっと踏ん張るのが恥ずかしかったのだと思います。

マッサージ

運動をするのと同じなのですが、腸の動きを良くするという意味で、“便秘改善マッサージ”も効果があると言われています。

おへそからを書くように、ゆっくり大きくマッサージをしてあげると、便通を促されるようです。

・・・が、娘にはこちらも残念ながら効果がありませんでした。

小児科での治療や薬

上記の通り、娘の便秘が酷くなり5日に一回しか排便がなくなった頃から、週に1回小児科に通院していました。

その時にしていただいた治療や処方された薬についてまとめます。

触診

症状を説明した後、まずは触診で、便秘の状況を確認してくださいました。

お腹のどの位置までウンチが溜まっているのか、硬さはどうか、痛みはないか等を確認している様子でした。

腹部レントゲン

初回受診では、腹部のレントゲンも撮りました。

生まれつきの腸の形状異常による便秘の場合もあるようで、その確認も含め、現在ウンチが腸のどのあたりまで溜まっているかを詳しく調べるとの事でした。

結果、娘の腸内はウンチがびっしり詰まり、繰り返す便秘のせいで、直腸が伸びてしまっている状態でした(汗)
(腸の形状等は特に問題ありませんでした。)

浣腸

レントゲンが終わると、浣腸の時間がやってきました。

痛みはほとんどないそうですが、お尻に液体を注入されるのが怖いようで、娘は毎回泣いてしまいました…。

浣腸液が腸内に浸透するまで、便意を我慢しなければなりません。
お尻を押さえて我慢させるのが、とっても大変でした(苦笑)

浣腸をしてしばらく経ち、踏ん張ってOKの合図をすると、娘はかなり辛そうでしたが、毎回溜まり切ったウンチを大量に出していました。

出した後、しばらくは疲れて放心状態でしたが、家に帰るとお腹がスッキリしたお陰でテンションが上がり、元気いっぱい遊んでよく食べていました。

酸化マグネシウム

便秘の治療薬としては有名な物だと思いますが、小児科では酸化マグネシウムを処方されました。

この薬は、ウンチを柔らかくする作用があり、妊婦さんの便秘にもよく処方させる薬だそうです。

味のない薬なので、1日2回朝と夜に、ヨーグルトや飲み物に混ぜて飲ませていました。
この薬の嫌なところは、液体に溶けないこと。せっかく飲み物に混ぜても、コップの底に沈殿してしまい、ほとんど飲めていないことがよくありました(笑)

また、舌触りがザラザラするので、ヨーグルトやバニラアイスに混ぜて食べさせるのがオススメです!

下剤(ラキソベロン)

酸化マグネシウムは、ウンチを柔らかくする作用しかないため、別で下剤(ラキソベロン)も処方されていました。

こちらは腸の動きを活発にする薬です。

酸化マグネシウムでウンチを柔らかくして⇒下剤で腸を動かし⇒排便させる

という流れを作り、便秘を解消させるとの事でした。

ですが、娘の場合は、便意はあるのに硬くて出ないという状況だったので、これ以上便意を起こさせるのは可哀想と思い、ほとんど使用しませんでした。(親の勝手な判断ですが・・・)

子供の便秘の克服方法

さて、ここからは、上記のような一般的に便秘に効果があると言われている方法でも一向に効果が現れなかった娘が、一体どのようにして便秘を克服したのかをまとめます。

できる限りで食生活改善

元々少食な娘。でも、お菓子は大好きな困ったちゃん・・・(苦笑)

ここは、心を鬼にして、少しでもご飯を食べてもらえるように、炊き込みご飯やお味噌汁など、娘の好きな食事を用意するように心掛けました。

そして、お菓子をなるべく減らし、なるべくフルーツを食べさせるようにしました。

すると、少しずつご飯を食べる量が増え、便意を催す回数が増えてきました!

オムツ外し

娘の場合、オムツが外れていなかったことも原因の一つだと感じたため、すぐさまトイレトレーニングを実施しました!!

保育園の先生の協力のお陰と、もう3歳を過ぎていたこともあって、すぐにオムツは外れました。

トイレで用を足せるようになってから、便秘が一時的に治り、快便になりました。

なので、オムツがまだ外れていないお子さんが便秘になっていたら、トイレトレーニングをしてみるのも1つの方法かもしれません!

名医の元へ

オムツが取れて、一時的に便秘が治った娘でしたが、しばらくするとまた便秘になってしまいました。

困った私が最終手段として取った行動は、名医を訪ねる!

虫歯の際もそうでしたが、世の中には名医と言われる方が絶対にいます。

子供の虫歯は親の責任?親がするべきたった1つの行動こんにちは。ママシンガーの、ゆかりーぬ( ri____nu)です。 インスタグラムにて、弾き語り動画を更新しています。 本記...

小児科は何度も受診していましたが、やはり、専門家には勝てないだろうと思い、小児専門の便秘外来を行っているお医者様の元へ受診しました。

※私たち親子が出向いたのはこちらの病院。

そこでは、小児科と同じく、レントゲンを撮り腸内の状態を見た後、お医者様から娘に踏ん張り方のポーズをレクチャーしていただきました。

そのポーズというのは、あの有名なロダンの考える人のポーズ!!(笑)

娘は大笑いして、喜んで真似をしていました。

『え、、これだけか、、来た意味あったのかな…?』

なんて、ガッカリしていた私でしたが・・・

なんと娘、その日から今日まで、ずっと快便です。

どうやら娘の場合、踏ん張る姿勢に問題があったようです。

さいごに

食生活や運動不足も、気を付けるに越したことはないですが、あまり頑張り過ぎてもママの身体が持ちません。

食事で子供に与える影響はとても大きいですが、サプリメントを取り入れて補助していく方法もあります。

腸内環境を整えると、子供のあらゆるデリケート問題解決にも繋がります。

初回限定だと低価格なものも多いので、色々試してみるのもいいですよね。

どうか、子供の便秘に悩み過ぎないよう出来ることからやっていきましょう。

  • 食生活を整える(お菓子→フルーツ置き換え)
  • おむつ外しを始める
  • 名医を訪ねる

是非、考える人のポーズ試してみて下さいね。

ゆかりーぬ( ri____nu)でした。

ABOUT ME
さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
俺様の旦那から自立したいママブログへようこそ。 元気すぎる3姉妹を子育て中。インスタグラムで『おうち破壊記録』を記録中。 カメラ・子育て・夫婦・ブログについて更新しています。

\応援にポチっとお願いします!/

にほんブログ村 子育てブログへ